竹とうろう職人 ともさん のホームページ




















参加型竹林整備の提案



今、こんな提案をしていき出しています。
まわりにご興味ある方がいたらご一報を!

【目的】

竹林整備の現状を多くの住民にも知ってもらいながら、
有効活用が出来る仕組みをつくる
   
1回の竹林整備での成果の拡大にもつなげながら、楽
しく参加でき継続して参加したくなったり、参加した人が
知り合いにすすめたくなるような竹林整備にしていく。 
   
【すすめかた】

@竹とうろう教室の開催 

竹とうろうを創る楽しさ
竹が欲しい人への提供が可能  

A竹林整備への参加を促す
   (竹林整備+竹とうろう創り)

発電機があるので、現地で竹とうろうの創作も可能
    

その時のルールを決めておく
  (例)切った本数により、創れる竹とうろうの
     本数を決める
      5本伐採 → 1個竹とうろうを創れる
        
さらにあわよくば・・・ 
  もう1個創れて、それは主催者にプレゼントしてもらう
  それを使い、後日キャンドルナイトなどのイベント開催

【メリット】
  
 ○主催者
    ☆一般住民の参加が望める
    ☆竹の有効活用につながる
    ☆竹林整備での効率化が図れる
    ☆一般住民との関わりを深める

 ○参加者
    ☆体験したことがない竹林整備に参加できる
    ☆竹とうろうが創れる
    ☆竹を入手できる
    ☆楽しい
    ☆いろいろな人との出逢いがうまれる
    ☆これまで知らなかったことを知ることができる




inserted by FC2 system